2007年07月03日

床材

床材はタイルが良い。
白いタイルの部屋にしよう。

リビングタイル
こんなタイルなんかどうかな?

奥さん「えっ、タイルは寒いよ」
私  「床暖が入ってるから大丈夫!、夏は涼しいしどう?」
奥さん「うちは小さい子がいるから危ないでしょ」
私  「滑りにくいタイルもあるらしいよ」
奥さん「でも固いでしょ」
私  「固いです」
奥さん「白だと髪の毛とか目立つでしょ」
私  「はい、目立ちます」

玄関から廊下、リビングへと続く真っ白なタイル。
消えました。もうやだ〜(悲しい顔)


奥さん「床の色、どれがいい」
私  「フレッシュバーチ・クリアは?」
奥さん「わたしもそれが良いと思う」

我が家のメイン床材はフレッシュバーチ・クリアに決まりました。


しばらくして、インテリアの打ち合わせのとき、発見しました。

キッチン 床材 タイル
「えっ」

私  「キッチンの床材、タイルになってるよ」
奥さん「うん、タイルにしちゃった」
私  「タイルは寒いよ」
奥さん「床暖が入ってるから大丈夫!それに水周りでフローリングは」
私  「食器、落としたら割れるよ」
奥さん「割れるときは割れるから」
私  「目地の掃除とか大変だよ」
奥さん「・・・」
私  「目地に醤油こぼして、放置したらどうなります?」
IAさん「放置すれば、染込みますが、すぐに拭けば大丈夫ですよ」
私  「染込むって」
奥さん「なにか他の素材ある」
私  「クッションフロアとかは水に強いし、掃除が楽らしいよ」
IAさん「クッションフロアだと耐久性は劣ります。10年ぐらいしたら張り替えの必要が出てきます」
奥さん「10年ごとにキッチンがきれいになるのか」
奥さん「ちょっと検討します」

そして実際、サンゲツのモデルルームでクッションフロアを見て見たのですが、
この時の担当の方の「クッションフロアはやわらかいので腰に優しいです。」が結構決め手になったみたいです。


でもそれはスリッパをちゃんと履けば問題ないのでは?
という疑問は心にしまっておきます。わーい(嬉しい顔)


こうしてキッチンはクッションフロアとなりました。

posted by kid at 03:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | 打ち合わせ

2007年07月02日

自転車ディスプレイ

私は通勤に自転車を使っている。
もともと、自転車は好きな乗り物だったが、
会社の知り合いに自転車を進められ、はじめたのがきっかけだった。
まだ初めて2年ぐらいだが、これがなかなか爽快で面白い。
おまけにダイエットにもなる。
自転車を始めて10キロくらい体重が落ち、体調も良くなった。
健康にも、地球にも優しい乗り物なので、これからも趣味にしておこうと思っている。

自転車はすぐにさびる。それは高い自転車でも同様だ。
むしろ錆に強いのは、ママチャリだったりする。
いわいるスポーツ自転車に分類されるような、屋内保管が基本とされている。

土間を作り、そこに収納も考えたが、今の収まりでは、土間の拡張は難しそうだ。
そして、良い自転車は、飾っても美しい。
なので、自転車ディスプレイを玄関設置。
こんなのだ!

自転車スタンド

出てきた案が、親の部屋を狭くするというもの。
それは出来ない。
それなら、家を大きくしてくれた方がいいのだが、
なぜか自転車のために家大きくするのは全員が反対する。

どうだろう、ここは下駄箱をなくして、自転車ディスプレイを設置する。
下駄箱が欲しかったら、家を拡張するしかない。
下駄箱がない生活か、家を拡張しても下駄箱をつけるか?

だれも聞いちゃいない・・・

しかたがない。外に自転車を置くこととしよう。
たぶん2−3年で、さびて駄目になるだろう。
そして次に買う自転車はこれだ

GIOS


¥239,400-

そして、言ってやろう。
外に置けばこれも2年で駄目になる。
どうする?と

posted by kid at 01:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 打ち合わせ

2007年07月01日

フォールディングウィンド

展示場で一番最初にやられたのはフォールディングウィンド
この開放感!
たまりません。

リビングに採用して、開け放たれた窓、
そこに続くウッドデッキ!
まさしくイメージはこれです。

Hebel2.PNG

そして、そこで友人たちとバーベキューパティー!
魚介類を焼きながら、冷たいビールをキューっと

6枚扉のフォールディングウィンドをお願いしたのですが、問題が発生!
なんと6枚扉のフォールディングウィンドにはシャッターが付かないことが発覚。

フォールディングウィンドの採用を奥さんがやっとOKを出してもらったのに、
シャッターは付けなければ駄目らしい。
「1階の大きな窓にはすべてシャッターをつけること」これが、奥さんの出した条件だ。

どうしよう。
Nさんに聞いてみる。
1.フォールディングウィンドウを諦め、4枚引き戸に変更する。
 > 開放感、リビングの一体感は失われる。
2.フォールディングウィンドウを諦め、ピクチャーウィンドウに変更する。
 > リビングの一部というよりは、観賞用の庭となる。
3.フォールディングウィンドウを4枚シャッター付にする。
 > フォールディングウィンドウ6枚の開放感は失われるが、リビングとの一体感
は保てる。
4.フォールディングウィンドウを4枚シャッター付×2にする。
 > 開放感は増大するがピアノを置くスペースが無くなり、予算もかなり上がる。
5.フォールディングウィンドウ6枚の外周部外側に迫り出しを作り、別途シャッ
ターを装着する。
 > 予算がかなり上がる。

とりあえず金額が返ってきた。
1.4枚引き戸                                     約23万円
2.ピクチャーウィンドウ                            約19万円
3.フォールディング4枚、シャッター有り             約40万円
4.フォールディング4枚、シャッター有りを2枚       約80万円
5.フォールディング6枚、(シャッター設定無しのみ)  約50万円+別途シャッター代他

5番は、構造上、お勧めできないとの回答。
4番は、実家のピアノを持ってこれることを楽しみにしている奥さんがかわいそうだ。
フォールディングは、この家の大きな特徴に鳴るので3番はどうでしょうとの事。

今一乗り切れないのは、フォールディング4枚、シャッター有りは、
横が狭くなるだけではなく、高さも低くなるのだ!

奥さんは「気にならないじゃない」というが、そもそも、そんなに興味がないから
気にならないのである。

しかし、それ以外の選択肢は、フォールディングウィンドウをあきらめるというもの。


フォールディング4枚、シャッター有りに決定!


すみませんNさん、玄関に自転車を飾りたいです。

posted by kid at 01:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | 打ち合わせ