2008年01月15日

トイレ補修

トイレ補修1−1
 
無残にはがされた、我が家の壁。
ここはトイレになります。
いったい、何があったのでしょう?
 
 人気ブログランキングに参加しています。
 実はトイレに補修が必要となりました。
 
補修内容は下地補強の増設です。
なぜ、こんなことになったかというと施主支給とコミュニケーション・ミスです。
うちは、トイレットペーパーホルダーなどを施主支給しました。
そして、手配が遅かったためにトイレットペーパーホルダーなどが来るのは入居後となったので、自分で設置しなくてはならなくなりました。
これらの設置ぐらいなら、何とか自分で出来るからいいと思ったのですが、問題は設置が出来るように下地補強がされているかだったので、下地補強がされている部分を聞きました。
 
「トイレットペーパーホルダーなど施主支給品を取り付けたいので、下地補強がしてある場所を教えてください。」
「トイレの手洗い側一面は下地補給がされているので、どこでも大丈夫です。」
 
これが問題でした。
 
聞き手には、この「など」には鏡や長い手すりなどは含まれていなかったので、一般的な設置場所なら問題がないので、どこでも大丈夫との答えになりました。
 
そして、答えを聞いた私は、一面なら鏡でも大丈夫と取ってしまったのです。
 
ヘーベルハウスのトイレの下地補強は、高さ90cmから150cmの間で一面に入っています。
その為に、それ以上の高さにネジ止めが必要な場合は、下地補強を増やしてもらっておきましょう。
 
私の場合は、手すりの上部、鏡の上部が、下地補給から外れていました。
下地補強が入っていると頭から思っていたので、下地探しで調べもせずに、ドリルでネジ止め用の穴を開けたところ、石膏ボードのみで下地補強が入っていないのがわかりました。
 
このために、トイレの補修工事となってしまいました。
 
このトイレの上に載っている箱なんだと思います。
トイレ補修1−2
トイレの上についているもの入れです。
なぜこんな常態かと言うと、これトイレの巾いっぱいいっぱいなので、縦によ横にもすることが出来ず、ドアから出すことも出来ません。
おかげでこの箱を一人が持って、動かしながらトイレの壁紙の張替えを行っていました。
作るときは中で組み立てて作るんだそうです。
 
下地補強が終わり、壁紙が張りなおされました。
トイレ補修1−4
 
そして、無事に全ての部品が付けられたかのように見えます。
トイレ補修1−5
じつは、手すりの取り付けを間違えて、ネジ穴1つ分ずらしました。
手すりで見えない場所に、余分な穴があるのは内緒です。
 
そして、悲しいことに、トイレットペーパーホルダーに小さい傷がありました。
小さいとはいえ、クロームメッキ部分の手前の上側なので、チョット気になります。
 
なので、もう一度見てもらおうと、すぐに電話したところ。
再度交換となりました。
現在、部材の納品待ちです。
 
施主支給で、自分で取り付け予定の皆さん。
確認はしっかりしましょう。
 
posted by kid at 15:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | 補修&修繕
banner_02.gif

ブログランキングに参加しています。

記事更新の励みになりますので応援クリックお願いします。

この記事へのコメント
知りませんでした〜
うちも「一面下地補強がありますから
大丈夫です」といわれました。

ペーパーホルダーやタオルハンガーを
自分で設置予定なので、再度確認しなくっちゃ。
ありがとうございます♪
Posted by martha at 2008年01月15日 18:06
実は我が家はこちらのblogで拝見してペーパーホルダーやタオルバーを施主支給へ変更しました。が、まだ決まってません。特別大きなものは考えてませんが、下地補強、注意します。他の壁についても、一度見直そうかなー。
Posted by ちっち at 2008年01月15日 21:03
そうか〜施主支給の落とし穴かもしれませんね。
うちはヘーベルさんを通じて買ったので
そういうのはまかせっきりで・・
Posted by kako at 2008年01月15日 22:04
うーん、言葉のあやというか・・・。
ウチは鏡を施主支給予定ですが、
用途と場所ははっきりいったので問題ないはず。
さらに自分でつけるのではなく、
タイミングよくお願いしちゃうつもりです。
しっかりタイミング見計らって注文しないと!です。
Posted by takatyu at 2008年01月15日 23:22
施主支給、全く考えなかった我が家です。

やったのも前の家で使っていた電灯だけで、それすらもヘーベルさんに設置をお願いしました。
面倒くさがりなんです…私等…
Posted by みどねこ at 2008年01月16日 00:10
こういったコミュニケーションミスは多いですよね。
これから建てる皆さんには気をつけて欲しい点です。

うちも一面補強ありと言われてましたが、
補修なしで無事施主支給品を取り付けることが出来ました。
Posted by まめぞう at 2008年01月16日 02:07
我が家も3箇所のトイレを全て施主支給にしましたが、
取付はヘーベルに頼んでいたので、
工事担当者から木工事のあたりで、
「用品を持ってきて下さい」と言われ、
現場に持ち込んで必要な位置に下地を動かしてもらったり、
追加で入れてもらったりしました。
取付を自分でされる方は木工事の時に現場で打合せをされるといいかもしれません。
Posted by mococo at 2008年01月16日 09:36
我が家は手摺を撤去して頂きました。
その際に、いずれつけるかもしれないことを想定して、下地だけ入れてもらっています。

が、どの辺りにあるかは取付る時に確認しないといけません。
下地は難しいです。
Posted by aki at 2008年01月16日 11:45
最初写真を見たときビックリしましたよ。あれあれぇ〜!って。
施主支給の落とし穴というか、
お疲れ様でした。
取り付けに間に合えばよかったのに、
残念でしたね。

でも、施主支給しただけあって、
オシャレなデザインなものばかりで
いい感じですね♪
Posted by kie at 2008年01月16日 11:46
-----marthaさんへ-----
ちょうど良いタイミングでしたね。
ぜひ確認してください。

-----ちっちさんへ-----
そうですか、施主支給にしたんですか。
でも、納得するものが付けられますから、満足度は高いですよ。
施主支給品、出来れば早めに用意して、へーベルさんに付けてもらうのが一番無難です。

----- kakoさんへ-----
そうなんですよ、へーベルさんにお願いしておけば、こんな騒動には・・・
でも、先立つものの節約で・・・

-----takatyuさんへ----
そうです、タイミングよくお願いしちゃうのが一番です。
注文は早めにしないと、私みたいに間に合わなくなっちゃいますよ。

-----みどねこさんへ-----
電灯も施主支給で、自分で取り付けました。
しかも、買ったの天井に固定するタイプでした(T-T)

-----まめぞうさんへ-----
あと2cm下だったら、手すりは下地補強要らなかったみたいです。
でも、鏡は最初から無理だった見たいです。
鏡の取り付けは、想定外らしい

-----mococoさんへ-----
いや、へーベルさんに取り付けてもらうのが最良ですよ。
わたしが優柔不断で、選ぶのが遅かったので、間に合わなかったのが最大の敗因ですね。

-----akiさんへ-----
下地が入っている範囲を今のうちに聞いて置くといいですよ。
手すりを選ぶときでも、下地が入っている範囲がわかれば、大きさの制限とかもわかりますからね。

-----kieさんへ-----
本当に取り付けに間に合えば、こんなことにならずに済んだんですけどね。
何事も、前倒しにしなくてはだめですね。

おかげで、トイレがお気に入りの空間の一つになりました。
Posted by kid at 2008年01月16日 14:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9515077

この記事へのトラックバック