2007年12月25日

窓掛け 主寝室編

窓掛け3−1
主寝室の窓掛けもレースが主役にしました。
ただこちらは、部屋自体も落ち着いた色合いとしているので、窓掛け自体もシックでちょっとハイソな感じでセレクトしてみました。
 
そして、主寝室の窓掛けは、リビングの窓掛けと、少し変えてあります。
 人気ブログランキングに参加しています。
 そうです。こちらはロールスクリーンではなく、カーテンとなっています。
なので、レースのカーテンだけを閉めると、左右にカーテンだまりが出来てしまいます。
窓掛け3−2
これは、主寝室のベランダが、洗濯物を干すベランダとしているので、頻繁に出入りします。
そして、共働きですと、夜、子供を寝かせつけた後に干すことも、しばしばなので、すばやく簡単に出入りできる必要があったので、出入りのしやすさで優れているカーテンを採用しました。 
 
しかし、あくまでもレースが主役なので、カーテンは無地のもので、光沢のある白に近いクリーム色のものを選びました。
カーテンだけを閉めると、こんな感じになります。
窓掛け3−3
 
そして、両方閉めると、こんな感じとなります。
窓掛け3−4
 
全部開けると、このようになります。
窓掛け3−5
 
そして、レースの拡大です。
窓掛け3−6
こんな感じでリボンが織り込んであります。
イタリア製で、なんと・・・
 
洗濯ができません!
 
それどころか
 
クリーニングも不可!
 
なので、ずーと掛けっぱなしになるでしょう。
これぞ、メンテナンスフリーわーい(嬉しい顔)
 
しかもこれ、すっごく高かったです。
 
posted by kid at 11:21 | Comment(5) | TrackBack(0) | 内覧会
banner_02.gif

ブログランキングに参加しています。

記事更新の励みになりますので応援クリックお願いします。

この記事へのコメント
このカーテンも素敵ですねぇ。
縦ライン好きです〜!
洗濯するのは日本人だけだと
お店の方が言ってました。
外国人はみなさん、カーテン
洗わないみたいです。
だから、ウォッシャブルって
外国製のはない?んですよね・・!?
我が家は一応全部のカーテン
そウォッシャブル選びましたが、
絶対に洗わないでしょう・・・。
シェードなんてはずしたら元に
戻せません・・・(笑)
Posted by ワッキー妻 at 2007年12月25日 12:45
こちらのカーテンも素敵ですねぇ〜♪
レースが主役のカーテンって昔は想像もできなかった
けども、優しい雰囲気でとっても素敵です♪
まだ2Fの窓かけは何も決まっていないわが家なので、
kidさんの記事でこういうのがあるのだと知って
から、カーテン屋さんとか見てもこういうのが
気になる私なのですが、熱効率とかはどうですか?
Posted by saji at 2007年12月25日 16:33
こちらもステキですねえ。
ウチはまだ主寝室はこれから選ぶんですが、縦ラインいいですね。
Posted by takatyu at 2007年12月25日 20:46
レースが主役のカーテンってお洒落で素敵ですよね。
我が家もIAさんに「こんなかけ方もありますよ〜」って無地の布の上にレースをかけたカーテンを見せられた時に、義母も私も一目ぼれ♪
その時、親世帯も子世帯もリビングはレース主役のカーテンに決定しました(^〜^)

でも、洗濯不可、クリーニングも不可ってあるんですね。
万が一汚してしまった場合はどうするのでしょう?
Posted by akia at 2007年12月26日 12:24
-----ワッキー妻さんへ-----
縦ライン好きなので、主要カーテンがすべて縦ラインになってしまいました。
そうなんです。
海外では洗わないのが普通で、変色も年数経過の一部として楽しむそうです。

-----sajiさんへ-----
熱効率はカーテン2枚組みのほうは変わらないみたいですよ。
ロールカーテンのほうはカーテンより少し落ちるらしいですが、使っていて実感したことはありません。

-----takatyuさんへ-----
縦ラインはすっきりしていて好きです。
バーチカルブラインドが、うるさいという理由で選べなかったので、こちらをバーチカルにして見ました。

-----akiaさんへ-----
海外製のものは、殆どが洗濯できないみたいです。
なので、うちではリビングは洗濯のできる国産のものを、寝室はちょっと贅沢をして雰囲気のある外国製の物にしました。
リビングは汚れる可能性が高いので、ウォッシャブルの方が良いですよね。
Posted by kid at 2007年12月26日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8766705

この記事へのトラックバック