2007年11月28日

クッションフロア その2

クッションフロア1-3
 
クッションフロアと題しながら、リビングからキッチンの眺めの写真です。
なぜこの写真を使ったかと言うと、このキッチンのクッションフロアを採用した事で、大きく変わった事があるからです。
それは、フローリングを貼る方向です。
 
なぜかと言うとこれです。
 
 人気ブログランキングに参加しています。
 クッションフロア1-4
このフローリングを良く見ると、目の方向があるのが分ります。
IAさんがさりげなく、目を揃えたほうが良いとのアドバイスをくれたので、気が付きました。
そして、この目の方向をフローリングと揃えなければ、キッチンとリビングの繋がりに違和感が出るだろうと言うことです。
 
しかし、それまでフローリングの目など気にしていませんでした。
それまでのフローリングの方向はキッチンからリビングへ向けて縦目となっていました。
これは縦目にした方が、目の錯覚で奥行き感が出て、広く見えるからです。
そして、そのままキッチンに持ってくると、逆にキッチンが狭く見えてしまいます。
さらに、つなぎ目部分は、縦を分断して繋げるより、横が並んで繋がっていたほうが、収まりが良いように思えます。
そこで、あえてキッチンからの奥行き感を取らずに、フローリングの目の方向も変更しました。
ひとつには、うちのリビングが和室と繋がっており、その先がフォールディングウィンドウを通してテラスとなっています。
和室にいると自然とそちらに目が行きがちなのと、和室は低い位置で見るので、床に目が行きやすいので、そちらからの奥行き感を取りました。
 
フローリングとクッションフロアの繋がり、本人的にはうまく行ったと思っていますが、どうでしょうか。
posted by kid at 14:36 | Comment(15) | TrackBack(0) | お家
banner_02.gif

ブログランキングに参加しています。

記事更新の励みになりますので応援クリックお願いします。

この記事へのコメント
綺麗だと思いますよ。ちょっとしたことなんだけど、でも意外と盲点ですよね。
フローリングの向きって図面にちょこっと書いてありますよね。なのでウチはなるべく見切りが必要ないように向きを考えました。
Posted by takatyu at 2007年11月28日 19:13
キッチンとリビングの目が揃っていて、
とてもいいと思いますよ。
違っていたらお掃除とかも大変だったかも?
でも目の錯覚って大事ですね。
図面に出てるあの小ささは、いただけませんけど…
Posted by komoto at 2007年11月28日 20:10
クッションフロアなのですね、キッチン♪良いと思います!
うちは、タイルにしたので冬はやはりちょっと寒いですね。

フローリングなどの向きって結構重要なのですね!素敵です^^
Posted by kuu at 2007年11月28日 20:22
確かにそうですね。
揃っていたほうが気持ち良いと思います。

縦長の我が家、長軸方向に揃えました。
Posted by とあるけん at 2007年11月28日 20:58
フローリングの板目ですが、
基本的に部屋の長い方向に向けてはるそうです。
奥行きが出るからでしょうね。
でもkidさんのお宅は、横目が正解な感じですね。
キッチンとの見切りも目立たなくていい感じです。
それと、写真の端っこにみえるソファ、カウチですか。
うらやましいです。
隣の芝、じゃないですけど、人の家ってみんな良く見えます…。

リンクありがとうございます。
こちらもリンクはらせていただきます!
Posted by うえこ at 2007年11月28日 21:50
こういう細かいところって完成して初めてわかるって
人が多いのではないでしょか?
わが家はフローリングの向きまで理解してません・・・
細かいところまで配慮してもらえてすてきなIAさん
ですね♪
Posted by saji at 2007年11月28日 22:59
なるほど〜♪
そこまで提案していただけてIAさん。
プロですd(^-^)ネ!
Posted by kako at 2007年11月28日 23:01
うちもコレ、悩みました。

でも、kidさんほど考え抜いてないですね。
考えた成果が出てますね〜♪

Posted by まめぞう at 2007年11月28日 23:23
我が家のフローリングとクッションフロアの切り替えは、ちょうどレールがあるので…
模様も全然違うし(^^;

本当、細かい所をよく考えていて尊敬してしまいます。
Posted by みどねこ at 2007年11月28日 23:43
なるほどー。さすがIAさんですね。
ウチはフローリングの目、kidさんの記事を読んで初めて気にしました。(・_・;

ところでちらっと写っているリビングのテーブル、素敵ですね!!
Posted by nano at 2007年11月29日 05:44
うちもフローリングの貼り方向の確認がありました。
今回のkidさん宅の様なIAさんの提案はすばらしいと思います。
この向きの張り方で正解ですね!
ちなみに床もピカピカで綺麗です☆
Posted by at 2007年11月29日 10:08
うまく仕上げてありますね。
うちはトイレしかクッションフロアーがないので、勉強になります。

IAさん、なかなかの気配りですね(^^*)
Posted by aki at 2007年11月29日 13:47
-----takatyuさんへ-----
さすがですね。
ちゃんと向きを考えたんですね。
私はこの件がなかったら、考えなかったかもしれません。
でもこのおかげで、実は廊下とも向きがそろいました。

-----komotoさんへ-----
ありがとうございます。
目の錯覚をうまく使いこなせば、狭い空間が広く見せられますからね。
使いまくりたいですね。

-----kuuさんへ-----
タイルはちょっと寒いですか。
冷え性の女性にはつらいですね。
でも、タイルの質感って大好きです。

フローリングの向きで、結構印象が変わりますよ。

-----とあるけんさんへ-----
そうですね。基本は縦長の方向が良いみたいです。
最初の提案ではうちも全て縦長のほうになってました。

-----うえこさんへ-----
そう言ってもらえると、自信がつきます。

ちょっと写っているソファはカウチで、展示場にあった物です。
もらっちゃいました。
まだ、荷物が入っていない写真なので、とっても広く見えます。

-----sajiさんへ-----
完成しないと分らないところって多いですよね。
IAさんには色々と教わりました。
せっかくの提案を、蹴ってしまって、後悔しているところも多々あります。

-----kakoさんへ-----
いいIAさんに当たったと思います。
好きな建築家の話とか、趣味があっていたのも良かったです。

-----まめぞうさんへ-----
気が付かなければそれまでなのですが、一回気にし始めると、こういうのって気になりますよね。
でも、お客さんは気が付かない人が大半なんですよね。

-----みどねこさんへ-----
うちも模様がまったく違ったら、考えなかったと思います。
このクッションフロアが、結構、縞々だったので
細かいところを教えてくれたのはIAさんです。

-----nanoさんへ-----
そうです。普通はあまり気にしないものですよ。
うちのIAさん、いいでしょ。

そのうち、ソファーの記事を書きます。
ある意味、うちの目玉ですから。

-----静さんへ-----
貼り方向の確認ありましたか。
いいIAさんに当たったんですね。
床がピカピカなのは、入居前の写真だからです。

-----akiさんへ-----
うちのIAさん、いいでしょ。
まーでも、失敗もあります。
大抵は、IAさんが提案してくれたのに、予算削減が頭をよぎり、断ってしまったからなんですけどね。

Posted by kid at 2007年11月29日 21:18
こういう細かいところに
気をつかってくれたIAさん
すばらしいですね!
とっても素敵です〜。
Posted by ワッキー妻 at 2007年12月02日 14:48
-----ワッキー妻さんへ-----
とってもいいIAさんに当たったと思っています。
IAさんの力って大きいですよね。
Posted by kid at 2007年12月03日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7296926

この記事へのトラックバック