2007年10月08日

カーテンを考える

カーテン1−2
 
ちょっと前の話になりますが、カーテンに付いてお話したいと思います。 
IAさんと奥さんで窓掛けに付いて考案中です。
こちらでは、デザインスタジオが無いために、いちばんカタログやサンプルがそろっている事務所で行いました。
キッチンとカーテンは奥さんの担当です。
 
なので、私はアドバイザーに徹します。
 窓掛けの種類で候補にあがっているのは次のものです。
 
・バーチカルブラインド
・木製ブラインド
・ブラインド 
・ブリーツスクリーン
・シェード
・カーテン
・ロールスクリーン
 
・バーチカルブラインド
最初に候補から外されました。
付いているときの姿は、すっきりしていて、大きい窓には非常に良く似合います。
しかし、このバーチカルブラインド、風が無い時はいいのですが、エアコンの風が当たるだけでも結構カチャカチャうるさいのです。
そして、奥さんの職場では、このバーチカルブラインドが採用されていたので、いの一番で外されました。
 
・木製ブラインド
値段が高すぎる。
この値段なら、良いカーテンが買える。
手入れが大変。 
で、不採用です。
 
・ブラインド 
とにかく掃除が大変。
利点がない。
で、不採用です。
 
・ブリーツスクリーン
これは、和室の地窓に採用となりました。
障子が入らないので、あまり選択の余地が無かったです。
 
・シェード
リビングの小窓に採用となりました。
きっと、シェードが一箇所は欲しかったんだと思います。
 
・カーテン
寝室とリビングの大きい窓で採用 
 
・ロールスクリーン
そのほかの窓で採用 
 
最初の話では、こうでした。
他の方のブログで、うちではロールスクリーンになりそう、と言ったのはこういう状況だったのです。
 
しかし、このIAさんとの打ち合わせで、話が大きく変わってきました。
 
このときIAさんから提案されたのは、リビングのフォールディングウィンドウの窓掛けについてです。
ここに、窓枠内のロールスクリーンを設置、室内側に、窓枠より大き目のレースのカーテンを付けると言う物でした。
これ、実際IAさんのお宅で採用している使い方だそうです。 
 
最近は、白いレースのカーテンではなく、見せるためのレースのカーテンが増えてきているらしいです。
たとえばこんな感じの
カーテン1−1
これは、 この提案がされた後に、レースのカーテン探しの時に行ったカーテン屋さんにあった物です。
 
奥さんは、この提案がすごく気に入って、リビングだけでなく、寝室にも採用となりました。
 
そして、IAさんと真剣に話している横で、子供の相手をしながら、パラパラとカタログをめくっていました。
その時に見つけたのがこれです。
カーテン1−3
はい、奥さんによって、不採用にされた、ブラインドです。
私は、カッコいいと思うんですよ。ブラインド
でも、掃除するのはきっと奥さんです。
その奥さんに、いやと言われたら、どうしようもありません。
 
でも、これちょっと変わっていたので、横から、
私  「見て見て、こんなのもあるんだねー」
カーテン1−4
奥さん「へー木目プリントなんかあるんだ。」
私  「この、白の木目調、ちょっと良い感じじゃない」
奥さん「掃除大変だからやだ」
私  「木製ブラインドより、全然安いんだって」
奥さん「掃除大変だからやだ」
私  「掃除、大変なんですか?」
IAさん「大変です」
撃沈
 
奥さん「ブラインドなんか掃除が大変でロールスクリーンに比べていいとこ無いじゃない」
そこまで、言われたんじゃ、言いましょう。
 
ブラインドの長所!
 
カーテンは構造上、縦長の窓では横にかさばるので、向きません。
ロールスクリーンは開けるか、閉めるしか出来ません。
その点、光をコントロールしながら、風を通すことが出来るのは、構造上ブラインドしかありません。
ただし、強い風を受けると、ガチャガチャ言いますが、バーチカルブラインドほど酷くは無く。
ロールスクリーンも、ゴンゴンとぶつかります。
なので、カーテン以外の窓掛けでは、風の強い時は開ける以外の対応はありません。
その中でも、かせをある程度抜くことが出来るブラインドはましな方です。
 
窓掛けで機能的に一番優れているのは、言うまでも無くカーテンです。
ただし、カーテンの設置には、両サイドが開いている。または縦長でない場合が望ましいので、これらの窓にはロールスクリーンや、ブラインドが選ばれるわけです。
ロールスクリーンはブラインドに比べると、洗えたりとか、メンテナンスしやすさでは、ブラインドより一歩ぬきんでているので、メンテナンスを取るならロールスクリーンです。
 
通風を取るか、メンテナンスを取るか?
 
さーどっち?
 
奥さん「・・・・ブラインド」
私   「え?」
奥さん「通風は大切だよね」
奥さん「階段上がったところの窓、すごく日当たりがいいから、ちょっと日をさえぎりながら、風を入れたいの」
 
勝った?
 
逆転ホームラン?
 
完全勝利?
 
私   「掃除、大変らいいよ」
奥さん「頑張ってね」
私   「・・・・」
 
完敗でした。
 
そんなわけで、我が家、ブラインド採用となりました。
しかも、吹っ切れたのか、我が家で一番多い窓掛けはブラインドとなりました。
 
みなさん、ブラインドの掃除って、どのくらいの頻度で行うものなのでしょうか?
posted by kid at 07:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | 工事
banner_02.gif

ブログランキングに参加しています。

記事更新の励みになりますので応援クリックお願いします。

この記事へのコメント
それはもう個人の性格でしょう。
掃除機だって毎日かける人もいれば、うちみたいに週に1度って家もあります。
自分が気になったらやればいいのです。
人生、あまり完璧を目指すと破綻しますからね(笑)。
ボチボチでんなあ〜〜。
Posted by kako at 2007年10月08日 10:10
わが家のフォールディングウィンドウはレースはカーテン、厚手はシェードにしています。今回のIAさんの提案に似ていますがとっても使いやすいですよ。カーテンもフラットカーテンといってヒダがないものにしてもらうと特にすっきりしていいですよ。
フォールディングウィンドウのような大きな窓だと出入りしたりするときシェードやロールスクリーンだと不便になるのですが、レース部分だけカーテンだとその不便さも解消されていい感じです。
うちもバーチカルはお手入れが大変そうで却下でした。
Posted by kie at 2007年10月08日 10:41
上に上がるシェードはワックスかける
時に便利だなぁ。と最近気付きました。

最近のブラインドって本当にいろいろ
あるんですねぇ。
Posted by ワッキー妻 at 2007年10月08日 15:02
うちは昨日カーテンの取り付けでした!
まだ更新準備中です。

さて、さが家は普通のカーテン・シェード・木製ブラインド・ロールスクリーンがあります。
もしかしたらキッチンの小窓にアルミのブラインドも採用するかもしれません。
・・というわけで、バーチカルブラインド以外は全部存在する家になりそうです。

最初は掃き出し窓も木製ブラインドにしようと思ったのですが、しなくて良かったです。
上げるのが本当に重いです。
小窓のみに採用しました。
掃き出し窓は普通のカーテンにしました。
縦長の窓や小窓はシェードです。
ロールスクリーンは、階段を上がってすぐの廊下で、窓枠の内側じゃないと邪魔になってしまう場所なのでロールスクリーンにしました。

使い勝手はどうなんでしょう。
これから楽しみです。
Posted by アボガディー at 2007年10月08日 22:27
我が家、施主支給の為、悩み中。

↑↑↑
奥さまの「頑張ってね」
デジャブ?
身に覚えがあります・・・

大変、参考になります。
Posted by とあるけん at 2007年10月08日 23:57
来週末が窓掛&残りの照明器具の打ち合わせです☆
kidさん、ナイスタイミングな記事です〜(^∇^)
大きい窓の窓掛、ロールスクリーン+レースカーテンが今の流行りなんですってね。
予備知識としてIAさんにもらった資料に書いてありました。
ウチのフォールディングウインドウも、この組み合わせorシェード+レースカーテンが濃厚です。
ブラインドの採用も考えてるので、紹介されてるのを見てみようと思います♪
多分ウチは、すごくシンプルな窓掛ばかり選びそうなので、ブログで紹介しても面白くないかも(笑)
Posted by razu at 2007年10月09日 11:19
-----kakoさんへ-----
そうですね、気になったらやればいいですね。
どうも、私の担当になりそうなので、ちょっとビビッてました。

-----kieさんへ-----
シェードと組み合わせるのも、なかなか良さそうですね。
ローススクリーンは、選べる生地が少ないので、シェードの方が組み合わせが色々出来そうですね。
たぶん、ロールスクリーンを降ろすことは、夜中シャッターを閉めたときの、シャッター隠しだけになりそうです。

-----ワッキー妻さんへ-----
そうか、ワックスかけるときまでは考えていませんでした。
この、アルミのブラインドで、幅広のもありました。

-----アボガディーさんへ-----
窓掛けの記事、楽しみにしています。
それだけ採用されていたら、各窓掛けの、長所、短所も、実際の使用観でレポートできますね。
やっぱり、木製ブラインドは重いですか。
IAさんの話では、それでも、最近のは大分軽くなったと言っていました。

-----とあるけんさんへ-----
窓掛け、結構、部屋の雰囲気を左右するアイテムなので、迷いますよね。

「頑張ってね」うちの奥さんの必殺技です。

-----razuさんへ-----
ちょうど良かったですか。
ロールスクリーンよりシェードの方が生地を選べるかもしれません。
レースカーテンとの組み合わせで、レースがきれいに見える生地を選ぶのも手だと思います。
うちも、光沢感がある生地と組み合わせた勝ったのですが、ロールスクリーンには無かったので、普通の白になってしまいました。

ブラインド、このアルミの幅広タイプもあって、そっちは木製ブラインドに近い感じでした。
値段は、木製ブラインドとアルミの中間ぐらいだそうです。
なかなか良さそうでしたよ。
Posted by kid at 2007年10月09日 11:49
カーテンやブラインドなどインテリア用品の販売店です。
ベネシャン(横型)ブラインドの中には
トーソーが出している強風があります。
これはかぜが多少吹いてもばたばた・がしゃがしゃしません。お掃除は変わりませんけどね。これはブラインドの欠点です。
ロールスクリーンは出来たらチェーン式が良いと思います。取り付け方にもよりますが巻きずれと左右と上部の隙間が欠点です。どれも長所欠点が有りますので
よく調べてからおきめになることをお勧めいたします。望月
Posted by at 2007年10月11日 19:17
-----望月さんへ-----
はじめまして、コメントありがとうございます。
ガチャガチャしないブラインドもあるんですね、
そして、ロールスクリーンはチェーン式がいいのですか。
大きい物はチェーン式にしたのですが、小さい物はスプリング式にしたような。
奥さんが最終的に話をつめたので、記憶が定かではないのですが、たぶんそうです。

そうか、ローススクリーンは、左右上部に隙間が出来るんですね。
それと、巻きずれを起こす場合があるんですか。
巻きずれはまったく考えていませんでした。
Posted by kid at 2007年10月12日 11:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5725438

この記事へのトラックバック