2007年08月27日

ピンクハウス

ピンクハウス-1
 
ネオマフォームが貼られました。
旭化成建材が提供する高性能フェノールフォーム保温板です。
熱伝導率 λ=0.020W/m・K(0.017kcal/m・h・℃)を誇り、
独立気泡率が高く、気泡膜のガス透過性が極めて低いので経時変化の少ない断熱性能も特徴の一つです。
耐火性としては、炎上はせず、シアン化系水素の有毒ガスの発生もしないそうです。
くわしくこちらから。
 
 
 
という高性能断熱材が我が家にも貼られていきます。
ピンクハウス-2
 
 
最初は薄いネオマフォームがへーベル版の上に、こんな感じに
しましまに貼られていきます。
ピンクハウス-3
 
 
そして、その上に、ぴったりに合わせて切られてネオマフォームが
貼られていきます。 
ピンクハウス-4
 
 
寸法を間違えてしまったのでしょうか?
隙間が埋められるように、かなり細長いネオマフォームが貼られていました。 
ピンクハウス-5
ネオマフォームの継ぎ目の部分は、気密テープのようなものが貼られていました。
すみません。気密テープかどうかは未確認です。

こうして、家中がピンク色に染まりました。
posted by kid at 15:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 工事
banner_02.gif

ブログランキングに参加しています。

記事更新の励みになりますので応援クリックお願いします。

この記事へのコメント
耐震フレームの中にどうやってネオマを入れるのかな〜!?とずっと思ってたんです。
結構細かくして貼っていくんですね。

我が家ももうすぐピンクハウスです。

Posted by kiyo at 2007年08月27日 15:39
その昔、現場見学でよくあるヘーベル版の耐火実験のほかに、
営業さんに頼んでネオマの耐火実験も
その脇でやってもらったことがあります。
ちょびっと焦げましたが燃えませんでした。
さすが旭化成。
Posted by 蒼ちち at 2007年08月27日 20:54
ピンクハウスですね♪
なまめかしい(笑)。
天井には入らないんですよね?
なんでかなあ?
Posted by kako at 2007年08月27日 20:56
ピンクハウスだ〜♪

我が家はこの状態では、ほとんど見ることが出来なかったんです。
職人さんと入れ違いが多くて…
Posted by みどねこ at 2007年08月28日 00:07
ピンクハウスになる前のシマシマ状態は
アマンドですね(笑)
なにげに可愛いw

ピンクって風水で行くと恋愛に強いんですよね
壁に隠れちゃうけど、もしかしたら
隠れ恋愛の達人になる…かなv
(え?既になってます?こりゃまた失礼m(__)m
Posted by ふわら at 2007年08月28日 11:36
「アマンド」、良い例えですね!
懐かしいなぁ〜

天井でも場所によってはネオマ入りますよ。
我が家は天井の1部に入ってました。
Posted by まめぞう at 2007年08月29日 00:36
-----kiyoさんへ-----
結構、隅々まで入ります。
ピンクハウスになると、ちょっと涼しくなりますよ。

-----蒼ちちさんへ-----
ヘーベル版の耐火実験ではあきたらず、
ネオマの耐火実験までやるとは。
さすが蒼ちちさん。

-----kakoさんへ-----
天井にも、屋根裏へも入れて欲しいです。
あと、部屋の間仕切りの間とかも。

-----みどねこさんへ-----
鍵がかかちゃうと思うようには入れませんものね。
仕事していると、なかなか見られないですよね。

-----ふわらさん-----
アマンド - 本当だ、アマンドみたい。

>隠れ恋愛の達人
いえいえ、隠れてしてたらまずいでしょう。

-----まめぞうさんへ-----
天井はロックウォールしか見て無いなー。
それは、特別仕様?
Posted by kid at 2007年08月29日 10:38
我が家は2階天井上の一部だけ3階に躯体があり、
その外はベランダです。

その躯体の立ち上がりとベランダの境目に
ネオマが入ってました。
たぶん、特注じゃないと思います。

kidさん宅も我が家と同じでベランダ広いですよね?
多分、同じ箇所にネオマ入ってると思いますよ♪
Posted by まめぞう at 2007年08月31日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5225888

この記事へのトラックバック