2007年06月06日

へーベルハウスVS一条工務店

Hebel2.PNG

「はいどうぞ。」わーい(嬉しい顔)
営業の方が迎えてくれました。

おー、始めてみた展示場の家。すごく広くて、かっこいいです。


のちに、特注、オプションのオンパレードとわかりましたが、そのころに知る由もありません。

そして、へーベルさんの説明が始まりました。
基礎・構造など、家作りで私達が最も重要と考えている部分です。

一通り説明を聞いて、判ったのは、自分の売っている商品に自信を持っており、
どうすれば、判りやすく伝えられるかが基本となっているように感じました。

そして、土地もないので土地後と探さなければならない事情を話したところ、
土地探しも、お手伝いできるかもしれませんとの事。
簡単な質疑から、大体の必要な坪数と予算。
予算に対する、返済計画なども教えていただけました。
最後に3日後にバス見学ツアーがあるので、よろしければ参加してみませんか
とのお誘いがありました。
とりあえず奥さんとも話したかったので、後日連絡することにして、次へ


次は、向かいに立っていた、一条工務店です。

木造の個人住宅向け、免震技術などを持っているので、興味がありましたが、
それよりもモデルハウスの前で配っていたキティちゃん黒ハートの風船を
娘が見つけてしまったのが、大きかったです。

「ごめんください。見せてもらってもよろしいでしょうか?」

「はいどうぞ。」
かなり若い営業の方が迎えてくれました。

先ほどと同じように、家の中をぐるぐると見て回ります。
2階に行くと基礎などの展示があったので、先ほどと同じように構造などの説明を
してくれるのかと思っていましたが、何もしてくれません。
そして設備などを見ていると、「標準で出来ます」と答えてきます。
その当時は、それがどういう意味かもわからず、
なぜ、この営業はアピールしないのだろうと思っていました。


今ならわかります。

彼はオプションではなく、特注でもなく、こんなキッチンも選べます。
ここに展示しているどれを選んでも坪単価は上がりません。

こう言いたかったのです。
そんなことも分かっていなかった私たちは???です。
痺れを切らした奥さんが「お宅の売りは何ですか?」と聞きます。
・・・答えられない営業くん。ふらふら

そうです。彼はさっきから、売りである「標準で出来ます」と
ずーといっているので、そう聞かれても困ってしまうわけです。

しょうがないので、展示してあるシロアリ対策、間違った施工方法
などの展示物について、質問してみます。

うーんもうやだ〜(悲しい顔)、いくら聞いても、ここで家を建てたいという気にはなれません。


聞けば、聞くほど、へーベルハウスの方が良いように思えてきます。

かなり若い営業の方だったので、まったく分かっていない客と経験不足の
相乗効果でこのように感じたのでしょう。


実際、テレビの特集で免震技術などを紹介しているときには、
すばらしいと思い、家を建ってるときの候補として入っていたのですから。


帰り際にすれ違った、ほかのお客様を接待なさっていた、ベテランそうな
営業の方は、まったく違った営業をしているみたいでした。

一条工務店のおかげで、へーベルハウス 30%増しになりました。

他社も回りたかったのですが、そろそろ娘が限界になりましたので、
今日はこの辺で帰ることにします。

banner_02.gif

ブログランキングに参加しています。

記事更新の励みになりますので応援クリックお願いします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4266827

この記事へのトラックバック