2007年05月27日

話が回ってきた。

前の人が銀行の事前審査で跳ねられたらしく、
本当に話が回ってきた。

前回の池の話もそっちのけに、いきなりテンションが上がりだす。
妻も話が現実味を帯びてきたので、テンションUPグッド(上向き矢印)

とりあえず、考えられる時間は一週間。
しかし、人生の最大の買い物になるであろう物を、
一週間で決めろというのも、すごい世界である。

私の優柔不断さは、筋金入りである。
3万しないデジカメを買うのに2年間、検討したほどである。
世間では、何千万の買い物を、一週間で決めるらしい。

とはいうものの決めなければ、次の人へ回っていくだけだ。
土地というものは縁で決まるという話を聞いた。
私まで話が回ってきたので、これも縁というう物だろう。

ということで、親を呼ぶことにする。飛行機
どんな場所かも見てもらいたかったし、勝手に話を進めて、へそを曲げられてもこまる。
そう、家は将来同居を考えている。
そして、まだ一度もこちらに親が来たことがないのだ
とりあえず、日程を決めるために電話を入れる。

前回の時も、それとなく話をしていたので、土地購入については驚いていない。
そして、一度こっちに来てほしいと伝えた。

「あー、その日程だとちょうど旅行へ行ってていないよ」がく〜(落胆した顔)
・・・家の親は無類の旅行好きだった。もうやだ〜(悲しい顔)

旅行から帰ってきてからだと10日になってしまう。
とりあえず、旅行から帰ったら、すぐにこっちへ来てもらえるようにする。
不動産屋に連絡して、事情を説明、とりあえず7日は家の優先で、ほかには
話を入れない。
8日目からは、次の受付の開始をするが、その間にほかの申し込みがなければ、
家で決定との説明。
まー向こうの事情もわかるので、あとは8,9で申し込みがないことを願うだけだ。
縁があるのだから大丈夫・・・かなexclamation&question
posted by kid at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロローグ
banner_02.gif

ブログランキングに参加しています。

記事更新の励みになりますので応援クリックお願いします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4134783

この記事へのトラックバック