2008年06月26日

街角へーベルハウス 祐天寺 2

一日一回の応援、よろしくお願いします。
banner_02.gif
ブログランキングに参加しています。 

 
街角祐天寺2−1
街角へーベルハウス・祐天寺は「おたがいさまハウス」と言うだけあって、2軒ならんで初めて出来る工夫がされています。
その一つが、この外壁色と建物同士の角度です。
2軒は通常とは違いVの字型に並んで建っています。
この事によって、前万から光を入れるのと同時に、お互いの内部が見えにくくなるようになっています。
そして外壁職をツートンとしてモダンさを出しながら、お互いの面した面を白くしているので、この面に設置してある窓は、やわらかい明かりを室内に導きいれています。
 
 
 

さて、3階の方に行きますと寝室があります。 
街角祐天寺2−2
さすがに3階ですと、込み合った住宅地でも景色は開け、明るい光が降り注ぎます。
 
そして、そんな景色もちょっと眺められる、普通よりちょっと高い位置の窓です。 
街角祐天寺2−3
この高さだと、腰をかけるのにちょうど良い高さとなっています。
そして、その高さを十分に利用出来るように、特注の椅子まで用意してあります。
この椅子、窓枠の所にジャストフィットできるように作られていて、好きなところに持っていけます。
「おたがいさまハウス」では、この高さの窓を随所に使ってありますので、好きなところに持って行って腰をかける事が可能です。
 
 
さて、隣の棟に来て見ます。
 
まず1階ですが、こんな半地下の階段下収納があります。
街角祐天寺2−4
半地下なので、スペースも広く。
地下ではないので、お値段的には、そんなに高くなく出来るそうです。
たぶん、とあるけんさんの所と同じ仕様だと思われます・
 
和室なのですが、面白い事に廊下まで畳となっているために、戸を開け放つと、廊下部分も部屋のように見え、かなり広く感じることが出来ます。
街角祐天寺2−5
また、廊下先にはフォールディングウィンドウで、ウッドデッキと繋がっていています。
このウッドデッキ、建物を斜めに建てているために、奥が広くなっています。 
この為、廊下から見た時や、和室から見たときも、奥行き間が出て、実際よりも広く見せる視覚効果を生み出しています。 
 
あと、1階にはお風呂が設置してあります。 
街角祐天寺2−7
こちらのお風呂は普通のユニットバスです。
どちらかと言うと、こちらの棟の方が庶民的になっています。


しかし、この透明な風呂のドア、標準品でも選べるのですが、選ぶ人いるのでしょうか?
かっこいいとは思いますが、結構恥ずかしいような。
娘がいる家では、絶対に無理ですね。
 
 
そして、雨の日の味方、昇降式、室内物干し竿です。
街角祐天寺2−6
ね、こっちはちょっと庶民的でしょ。
 
 

posted by kid at 13:34 | Comment(12) | TrackBack(0) | へーベルハウス
banner_02.gif

ブログランキングに参加しています。

記事更新の励みになりますので応援クリックお願いします。

この記事へのコメント
この透明のドア、選んだ人結構知っていますよ。
新築時の写真しかアップしておられないですけど(笑)
Posted by kako at 2008年06月26日 22:29
祐天寺、行ったこと無いんですよー

おっ!半地下だ〜
たぶん我が家と同じですー。
それに、お風呂、、、透明はダメですね。えっ!標準であるんですか?

あーーー
いつか、行って見たいな、祐天寺。

Posted by とあるけん at 2008年06月26日 22:42
透明扉…あることは知っていましたが、その後の掃除を考えると考慮外でした。

祐天寺…見てみたいなぁ…
Posted by みど at 2008年06月26日 23:15
街角はアイデアの宝庫ですね♪
我が家も都市部なので、3階建てにした方が
眺めは楽しめたかもナ・・・とちょっと思いました。

建物の角度を変えるって、すごいアイデアですよね。
確かに、ちょっとした発想の転換で、お互いが快適にすごせる
っていいですね〜
Posted by martha at 2008年06月27日 09:49
はじめまして、CUBIC建築中のびびんば大王と申します。


ええ〜っと・・・話の流れ的にアレですが、
うち、お風呂が透明ドアです。
(ただし片開きです)


★ブログにリンクさせてください(ー人ー)
Posted by びびんば大王 at 2008年06月27日 21:25
あぁ〜もう一回建てたい!(笑)
こうしたら良かったなぁって思うことがいろいろあります。。。
まぁ建てた時と状況が変わったってこともありますが。。。
お風呂が丸見えってのはちょっと考えられないですけど〜だってお嫁ちゃんもお風呂入るし〜〜(≧∇≦)/ ハハハ
Posted by さあき at 2008年06月27日 22:31
浴室の透明ドアはちょっと...こっぱずかしいです(笑)
うちは娘ちゃんなので、採用出来ないですね。
昇降物干し、うちもついてます♪
Posted by aki at 2008年06月28日 21:35
お風呂の透明ドア、わたし憧れてました〜☆
なんだかとってもスタイリッシュ!!と思って。
でも、旦那に却下w
「母ちゃんが入ってるところを息子くんたちが見ちゃったら息子くんたちがかわいそう」とのことでした^^;
Posted by nita at 2008年06月29日 00:56
思い出しますー!祐天寺、2棟楽しめていいですよね。
冬に行くと、ガスvs電気の暖かさも体感できるし、
視覚効果として、住宅地に建てる方には、視線の先、景色の見え方など窓のとり方が勉強になりますよねー♪
1階の和室、廊下畳は最近の旅館みたいですよね。
Posted by komoto at 2008年06月29日 11:50
V字に建てるとは…これは相当な土地がないと実現はできなさそうです…
腰高の窓っていうのはいいですね〜ちょっと腰がかけられるのは本当に楽だと思います。しかし特注のイスというのは上から3枚目の写真に写っている2つの黒いもののことですか?
Posted by at 2008年06月29日 16:02
建築中におかげさまハウスのHPを何度か見ました。
二棟ともよく考えられてますよね〜。
透明ドアのお風呂…それは家族が少ないおウチ向きだなぁ〜。
ウチがそんなお風呂にしたら、子供たちが大きくなったとき夜の洗面所はほとんど使えないかも?!
それに、ウチの間取りだとキッチンからお風呂の中が丸見えになっちゃうな〜(^^;
Posted by razu at 2008年06月30日 20:40
-----kakoさんへ-----
透明のドア、選んだ勇者がいらっしゃるのですね。
うちでは掃除と洗面所の使い勝手で選択肢になりませんでした。

-----とあるけんさんへ-----
そうですよね、半地下ってこれですよね。
やっぱり、結構広くなりますよね。

お風呂、扉タイプが透明なんですよ。
折れ戸は掃除が大変かと思い、聞いてみたら、透明しかないので取りやめました。

一度行かれても面白いと思いますよ。
近くに、鉄道のおもちゃで注文を運んでくれるカレー屋さんがあるので、子供も喜ぶと思いますよ。

-----みどさんへ-----
うちも折れ戸の掃除が大変かと思い、聞いたところ透明と言われ、ひるんでしまいました。

祐天寺、なかなか面白いですよ。
2軒、同時に見れますし、となりの中目黒には結構おしゃれなお店も多いので、デートがてらどうですか?

-----marthaさんへ-----
ほんと、色々勉強になりますよね。

都市部は密集しているので、どうしても3階建ての眺めは望めませんものね。

ほんとうに角度を変える発想にはびっくりです。
2世帯とかでもよさそうですよね。

-----びびんば大王-----
はじめまして、コメントありがとうございました。

えーーーー、透明ドアですか。
ぜひ、掃除などの使用感もレポートしてくださいね。

こちらこそ、リンクさせてくださいね。

-----さあきさんへ-----
そうなんですよね、1階建てると、ここをこう直したらよくなると言うのがよくわかるんで、もう一度チャレンジしたくなりますよね。
透明ドア、掃除も大変そうだし、ちょっと恥ずかしいですよね。

-----akiさんへ-----
恥ずかしいですよね。
子供がいると、さらに採用しづらいですよね。
昇降物干し、今に時期、大活躍なんじゃないですか。

-----nitaさんへ-----
海外のホテルなどでシャワールームがガラス張りで、とってもおしゃれな所ありますよね。
でも、あれ、ホテルだからあの綺麗さを保ってられるんで、自宅だとかなり掃除が大変そうですよ。

-----komotoさんへ-----
そうか冬はまた違った楽しみが出来るんですね。
廊下畳はかなり雰囲気が違った感じになりますよね。

-----島さんへ-----
V字と言っても、それほど角度は付いてないので、普通の広さでいけますよ。
そうです、それです。
なんか座布団みたいに移っていますが、ちゃんと椅子になってます。
しかも、受注生産なので、かなりのお値段でした。

-----razuさんへ-----
よく考えられていますよね。
透明ドアは、別に洗面所があるような、豪邸の仕様ですよ。
うちはキッチンから丸見えになるどころか、その先の勝手口からも丸見えになっちゃいます。

Posted by kid at 2008年07月01日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16396752

この記事へのトラックバック