2007年06月23日

バスツアー3

一通りツアーを終えて事務所に戻ると営業さんが迎えてくれました。
そこで、前回送られてきた土地情報のうちの一軒を進められます。
たしかに、送られてきた土地の情報の中では、一番良い物件です。

土地の条件は、現在住んでいる駅の徒歩圏内(15分)、
日当たりがよく、風通しの良い場所。
そして、地盤の良い場所で70〜90坪くらい。

こんな条件を伝えてあります。
そして進められた物件は、その条件をほぼクリアしています。

徒歩圏内は本当に15分くらいですが、娘の保育園が裏に見える
立地条件のため、奥さんは大変気に入っています。
しかし、一番の問題は土地の広さが120坪もあるのです。

「無理・無理、そんな大きさ維持できません(手入れ&お金的に)」
と、きっぱり言ってやりました。ちっ(怒った顔)

すると、いや、今検討されているお客さんの中で、50坪くらいを
探している人がいるので、二人で買って50/70で分けませんか?

えーーーーーー、そんな手があったのか?

それで、もう一度まじめに見てみると、古屋ありの状態で、更地ぐらいの
坪単価なので、それもちょっと高すぎると伝えました。
分筆するとなると、分筆費用、解体費用、不動産手数料が掛かることになります。
まー更地でも不動産手数料は掛かりますが

とりあえず、そう伝えて明日また展示場で会う約束をして帰りました。

決算時期なので、あわよくばもう一軒と考えているところ、うち次第でもう2件と企んでいるようです。
(お気づきとは思いますが、実時間よりブログのほうはかなり遅れています)

帰りに土地を少し見に行ったのですが、まだ住んでらっしゃるみたいで、中は除けませんでした。
土地自体は、娘の保育園の送迎のときに見えますが、庭木で囲んであるため、まったくイメージがつかめません。
ただ、本当に保育園に近く、裏にすべり台でも付ければ30秒で、保育園に通えそうな所です。

奥さんは保育園に近い、日当たりが抜群にいい、周りの環境もよさそうと、ちょっとプッシュしてきます。
たしかに周りの雰囲気もいいですが、それは回りも同じころに区画整備し分譲された
120坪分譲地ですから周りの家は、みんなお屋敷です。
昔は、こんな大きさで分譲していたのですね。今はここいら変だと、30−50坪くらいの建売が多いです。
分譲していた当時の土地を2−3分割して売っているみたいです。
まー東京では、30坪もあれば良い方で、15坪、10坪などでも売り出しています。
家の実家の裏が、売りに出されたそうですが、15坪だといってました。
ただし、実家の裏の土地は、15坪でこちらの120坪の土地買って、まだおつりがくるそうですが・・・