2007年06月30日

契約2

今年中に土地が見つかればいいな。
まだ、子供が小さいから、もう少し大人になって、
落書きとかしなくなったら、新築かな?
それまで、中古物件でも買って、暮らそうかな?
なんて思っていました。

そして、それまで、じっくり自分の建てたい家を考えて、
建築家と二人三脚で建てようかな?
それまで、いろんな家を見て回って、勉強しようかな。

なんか今日は駐車場込んでるな、良い機会だから一度
住宅展示場でも見てみるかな。
まだ一度も住宅展示場なんか見たことないや、
すごいんだろうーなー

それから10日
こんなになってました
keiyaku-syo

さて今日は打ち合わせです。
いっぱい夢を語るぞー!

フォールディングウィンド!
玄関土間
明るく、広いリビング!
シアター設備
タイル
ガラスブロック
ニッチ
小屋裏収納
四角い洗面所


Nさんここの窓、フォールディングウインドにして、
それから、自転車置く場所が欲しいので、玄関に自転車ディスプレイできるようにして。



めざましが鳴りませんように

2007年06月29日

契約

奥さんと話し合いますが、もともと気に入った土地の話なので、ものすごい乗り気です。
一点だけ、私の通勤が遠くなることだけを心配してくれました。
母に話、来てもらうように段取りをつけます。
そして、土地に対するその他の疑問点などを
メールでやり取りしながら、約款のチェックです。

すごくまともな約款でした。
基本的には、お互い常識内でよろしく的な日本の契約書です。
外資系に有るような、すごいのじゃなくって、ほっとしました。

それでも、気に入らないところは出てきます。
それを纏めて、メールで送ります。

契約日前日に、最終打ち合わせです。
とりあえず、契約内容の確認です。
仕様と入っている金額の説明ですが、はっきり言って、何も選んでないので、
どんなグレードのどんなものが付いているのか知りません。
とりあえず、一般的に選ばれるグレードで、不満が出ないようにオプションとかもつけてあります。
との話を信じるしかありません。

そうです、このときはまだ、私の限りない欲望と野望を、Nさんは知りませんでした。

そして、話が約款に及びました。
Nさん「メールで貰った、約款の変更の件なのですが、本社に尋ねたところ、約款の変更は一切できないそうです」

私の出した約款の問題点は次の3つです。
1.完成検査の項目で、瑕疵が有った場合に受渡拒否ができ、完成の遅延とみなす。
2.保障開始日を瑕疵の修理完了後とする。
3.保障期間を構造体60年、防水30年とする。

Nさん「1番と2番については、分かりにくい書き方なのですが、この通りです。」
Nさん「3番については申し訳ありません」
私「じゃ、一筆下さい」
Nさん「すみません。それも出来ません」
私「パンフレットでも、説明でも、60年とうたっているのに、なぜ保障できないのですか?」
Nさん「そうなんです。ロングライフとして60年とうったていますが、保障となりますとまだ社内的に調整が出来ていません。」

予想していた回答だった。
これは1営業の話ではなく、会社としての姿勢の問題だ。
これだけ60年とうたっているのだから、保障も60年にするべきだ。

これ以上、Nさんを攻めてもしょうがない。
はやく、営業さんが胸を張って60年保障ですって言えるようにしてくださいね。


そして、今後のスケジュールと、サービス品の確認。

すると奥さんが「もう少しサービスできる?」って聞いてみた。
忘れてた。私が、最後に値引きしてって言えば何かサービスで付けてくれるかもって話したんだ。
奥さんが痺れを切らして聞いたみたいだ。

「キッチンのガスコンロを、標準価格でガラストップコンロにさせていただきます」
えらいぞ奥さん、ガラストップコンロ GET!


さて、今日は契約日です。
娘を保育園に預け、旭化成ホームズさんの事務所に向かいます。

営業のNさんが笑顔で迎えてくれます。
昨日確認しているので、今日は調印式みたいなものです。

するとNさんが「申し訳ありません。」

えっ
なんかミスった?
もしかして昨日のガラストップコンロ?

「お申し込みいただいた、展示場家具プレゼント、第一希望のダイニングセットはもう押さえられてしまいました。」
「第二希望のソファーセットを確保してありますが、よろしいでしょうか?」


おー、そのことだったのか。
それなら、ダイニングセットはたぶん人気だから、もうないだろうって言っていたので問題ない。
「いいですよ」


こうして、無事調印式が終わった。


考えてみれば、ショッピングモールの駐車場が混んでいるという理由で立ち寄った展示場。
まだ土地も決まっていない状態で、いろんな工法とか、HMをちょっと見てみるつもりが、
たった10日で契約してしまった。

人生最大の衝動買い!
さー、これから怒涛の打ち合わせだ!

2007年06月28日

大技

もしもし、聞いてました?
私の話、聞いてました。
どこを、どーすれば、この5つの問題を3日でクリア出来るんですか?


はいはい、聞きますよ。そりゃー もー 聞きますよ。
ほらほら、言ってみ。ちょっとおじさんに話してみ。
どんな魔法を使えば、この問題が解決できるって言うんだい?


えー、土地。うちで買いました


「・・・・」


「えっexclamation&question


「はい、旭化成ホームズで土地を買いますので、土地の方は大丈夫です。」


「えーーーーーーー」


「お母様には、旅行の後で見てもらってかまいません」
1番クリア

「お母様に見てもっらった結果、土地が気に入らない場合は、もう一度土地探しから、ご一緒させてもらいます。」
2番クリア

「土地の価格が高いと言う話ですが、うちの方で、解体、整地、分筆は行うので、その費用は入りません。」
「不動産手数料も、うちが売主になりますので、いりませんので、今の売り出し価格の坪単価で坪数に応じた費用でお願いします」
そうです、うちが高いと言っていたのは、この坪単価は更地での坪単価で、解体・分筆などを入れたら割に合わないと言うものだったので、
3番クリア

「旭化成ホームズで買って分筆するので、全部購入は出来ません」
4番クリア

「間取り、仕様は変更契約前でしたら、いくらでも変更可能です。ただしプランの変更は出来ません。
しかし、kidさんは新大地35でお申し込みなので、問題ないと思います。」
5番クリア

「うおーーーーーーー、本当に全部クリアした。」


まさにへーベルハウス・マジック


「どうでしょう?」


「・・・・」
考えていなかった。
絶対、無理だと思っていた。
なので、まだ腹は据わっていない。

「土地が気に入らないとなった場合なのですが、どうなるのですか?」
とりあえず、疑問点をぶつける。
「その場合、1年半以内の着工であれば、今回の契約の価格設定のまま、着工が出来ます。」
「それを過ぎてしまうと、そのときの値段になってしまうのですが、その時にもう一度話し合いましょう」
「今回の価格では無理でも、出来るだけの事はします。」

「おーーー」
完璧な答えだ。


すでにこちらにバトン渡されている。
さーどうする。
追い詰められたぞ!


「契約書の約款ください」

「えっ?」

「契約するとなるとあと3日しかありません。約款を貰い、契約内容をチャック、
問題点を洗い出して、契約書を修正してもらうには、すぐに始めないと間に合いません。」


「はい、約款はお渡し出来ますが、内容の変更は、本社に聞いて見なければわかりません。」
「契約は、双方納得して調印するものなので、納得できなければ調印出来ません。」
「それに、まだ約款を読んでもいないので、問題があるかどうかも分かりませんので、
とりあえず、約款をください。約款を読んで、その後話しましょう。」

みなさん、約款って読まずに契約するのでしょうか?

あまり約款に文句をつける人はいないのでしょうか?
何千万の仕事の契約ですよ、私には怖くてそんなこと出来ません。

とりあえず今は約款を持ち歩いてはいないので、明日の朝、ポストに入れてもらうことになった。

2007年06月27日

その自信は?

翌日、仕事を終えて帰宅すると、予定どうりに営業のNさん登場。

まずは軽く
日曜日のラフ図面が、本物の図面となって来ました。
3D外観図のおまけ付です。
あと、問題の土地の細かい資料まで付いた、一冊の冊子に纏めてありました。

だんだん強く
そして、何やら大きな紙袋。
「作ってきちゃいました」と言って出てきたのは、家の模型です。

Mokei-1
はい、言いました。たしかに、言いました。
この間の日曜に、展示場の前に飾ってある家の模型を見つけて、
「へー、へーベルさんで建てると記念の模型が貰えるの、いいなーわーい(嬉しい顔)」って

「ごめんなさい、時間が無かったので、ラフな模型しか作れませんでした」
そらーそうでしょ、それ言ったの2日前の夕方だし、

「模型って、設計さんが手作りで作るんですって、無理言って作ってもらってきました。」がく〜(落胆した顔)
設計さん、ごめんなさい。ふらふら
無邪気な一言で、こんなの作る残業を強いられたみたいです。
後からわかったのですが、へーベルハウスで建てたからって、
必ず模型が貰えるわけでは無いらしいです。

しかし、平面で見るのと違い、模型で見せられると、実感がわいてきます。
Nさん、作戦成功です。結構効いています。

そして、本題です。
まず、契約するには日のいい日を選ばなければなりません。
えっ
そうです。家は商売人の家系なので、日とかにこだわります。
その結果、残り日数はあと3日になりました。
その3日でクリアしなければならない問題は次のとおりです。

1.土地の決定するために、母に土地を見てもらう。
2.その結果、母も良いと思った場合のみ、土地が決定する。
3.土地の値段が高いので、交渉するつもりがあるので、その結果にも左右される。
4.購入もすべて買うと言い出すかもしれない
5.間取りや、仕様など、たぶんすべて変更する。

すみません。模型まで作ってもらいましたが、今期中に契約は無理でしょ
ゆっくり家作りしましょう。
なにもへーベルさんで建てないとかは言いませんから、

Nさん「大丈夫です」


そうです、へーベルさんはこの時、とんでもない大技を持ってきたのでした。

2007年06月26日

やっぱり無理?

翌日、インフォメーションセンターで見つけた土地に付いて、連絡が入った。
残念もうやだ〜(悲しい顔)!やっぱり、売れていたそうだ。

ついでに、もう一軒調査をお願いするが、そちらは売主が売るのをやめてしまったらしい。
そして、土地のことも含めて、明日お話がしたいので、夜、伺っても良いかと言ってきた。

まー、そりゃそうだろう。
なんせ今期中に契約したいのであれば、残された日数は、あと5日しかない。

家の奥さんもへーベルハウスで建てることに依存は無い。
しかし、土地が決まっていないのに、契約するわけには行かない。
すぐにではないにしろ、将来同居を考えている以上、母に見てもらいたいので、
土地を契約するには、母に来てもらい、母の意見を聞いてからでないと無理だと伝えた。

ものすごい、勢いで話は進んでいるが、問題点も山積だ!

1.土地が決まっていない
2.家族構成とリビング階段だけで作ったプランなので、プラン作りはこれから
3.土地も住人が住んでいるので、中へ入って見ることが出来ない。
4.母ににも見てもらいたい。

でも、どうせへーベルハウスで建てようと思っているので、
5%引き&その他もろもろは非常に魅力わーい(嬉しい顔)がある。


しかし最後が問題だ、母は3日後にはマルタ島に行く予定だ。

・・・・おわったがく〜(落胆した顔)

2007年06月25日

どうする?

翌日、展示場へうかがいました。
娘がトイレに行きたいと言い出したので、とりあえずインフォメーションセンターへ、
トイレ中、なにげに見渡していると、土地情報がありました。
暇つぶしに、ぺらぺらと見ていると、駅から10分で80坪の土地が、しかも角地。
さっそくコピーを貰いまして、へーベルハウスさんへ

さいしょにちょっと世間話。
家の営業担当のNさん、なんとこれからヘーベリアンになるとの話。
もうすぐ着工しますといっています。しかも近所に建てるそうですって・・・・
もしかして、「私より運もいいし、普段の行いもいい」人がここにいた!がく〜(落胆した顔)
そうです。我が家が落選したもうやだ〜(悲しい顔)UR都市機構の売り出しに当選して、そこに建てることになったそうです。

我が家が落選した土地を当選した営業のNさんは、家がばれているので、なにがあっても逃げられません。
これは、ちょっと安心できます。

我が家が落選した土地を当選した営業のNさん(ひつこい)と不動産屋さんを交えて、
今候補に挙がっている、例の120坪の土地の話です。
そのまえに、さっきインフォメーションセンターでこんな土地情報を見つけたんだけどどう?
と行き成り水を刺します。
その情報は不動産屋さんも知らなかったらしく、早速確認してくれますが、資料が見つからないそうです。
考えられるのは2つ、もう売れてしまっているか、まだ情報が出る前なのかだそうです。
休日なのでこれ以上は調べられないので、明日もう一度調べて、電話をくれることになりました。
そして、問題の土地です。
やはり、分筆費用、解体費用、不動産手数料が掛かるとのこと、坪単価はもう少し交渉できると思うが、
再開発地区に隣接しているので、地価自体が上がってきており、あまり期待できないとの事でした。
そしてこちらから、今回の一戸建て購入にあたり、母が資金援助をしてくれることになったので、
土地購入については、母の意見も聞きたいので、即答は出来ないことを伝えました。

そして、合わせて母の性格について話しました。
たぶんこの話を持っていったら、120坪買ってしまえと言いかねないことを確信を持って伝えました。
70坪に家を建て、50坪くらいの売りやすい大きさで、更地で維持し、もう少し坪単価が上がったら、
かかった手数料分を上乗せして、売りに出すくらいは、すぐに考える人です。
なので、この土地で2件同時着工は、まず無理です。

とりあえず土地の話はそれくらいで、前回お話した、家の家族構成を考えたラフ図面を
例の土地に合わせて書いてきてくれました。
題して「光と風に祝福された家」
すごいタイトルが付いています。
土地も決まっていないのに、図面が出るとそれなりに話が盛り上がります。

そして、今なら「35周年 大感謝キャンペーン」で期間限定の「新大地35」があります。
もし、今期契約の間に合えば、5%引きで提供できるので、申し込みだけしませんか?
別にどうしても今期契約というわけではないのですが、今期契約出来たときには安くなるので、
申し込みだけでもなさっておいた方がお得です。

ということで、決まりました。


家の仕様は「新大地」です。

2007年06月23日

バスツアー3

一通りツアーを終えて事務所に戻ると営業さんが迎えてくれました。
そこで、前回送られてきた土地情報のうちの一軒を進められます。
たしかに、送られてきた土地の情報の中では、一番良い物件です。

土地の条件は、現在住んでいる駅の徒歩圏内(15分)、
日当たりがよく、風通しの良い場所。
そして、地盤の良い場所で70〜90坪くらい。

こんな条件を伝えてあります。
そして進められた物件は、その条件をほぼクリアしています。

徒歩圏内は本当に15分くらいですが、娘の保育園が裏に見える
立地条件のため、奥さんは大変気に入っています。
しかし、一番の問題は土地の広さが120坪もあるのです。

「無理・無理、そんな大きさ維持できません(手入れ&お金的に)」
と、きっぱり言ってやりました。ちっ(怒った顔)

すると、いや、今検討されているお客さんの中で、50坪くらいを
探している人がいるので、二人で買って50/70で分けませんか?

えーーーーーー、そんな手があったのか?

それで、もう一度まじめに見てみると、古屋ありの状態で、更地ぐらいの
坪単価なので、それもちょっと高すぎると伝えました。
分筆するとなると、分筆費用、解体費用、不動産手数料が掛かることになります。
まー更地でも不動産手数料は掛かりますが

とりあえず、そう伝えて明日また展示場で会う約束をして帰りました。

決算時期なので、あわよくばもう一軒と考えているところ、うち次第でもう2件と企んでいるようです。
(お気づきとは思いますが、実時間よりブログのほうはかなり遅れています)

帰りに土地を少し見に行ったのですが、まだ住んでらっしゃるみたいで、中は除けませんでした。
土地自体は、娘の保育園の送迎のときに見えますが、庭木で囲んであるため、まったくイメージがつかめません。
ただ、本当に保育園に近く、裏にすべり台でも付ければ30秒で、保育園に通えそうな所です。

奥さんは保育園に近い、日当たりが抜群にいい、周りの環境もよさそうと、ちょっとプッシュしてきます。
たしかに周りの雰囲気もいいですが、それは回りも同じころに区画整備し分譲された
120坪分譲地ですから周りの家は、みんなお屋敷です。
昔は、こんな大きさで分譲していたのですね。今はここいら変だと、30−50坪くらいの建売が多いです。
分譲していた当時の土地を2−3分割して売っているみたいです。
まー東京では、30坪もあれば良い方で、15坪、10坪などでも売り出しています。
家の実家の裏が、売りに出されたそうですが、15坪だといってました。
ただし、実家の裏の土地は、15坪でこちらの120坪の土地買って、まだおつりがくるそうですが・・・

2007年06月22日

バスツアー2

入居者宅訪問

今回は2件の入居者宅を訪問するが、大抵は1件は新築、
もう一軒は長年住んでもらった方が多いそうですが、
今回は、新築と築半年のお家でした。
どちらも、新しいお宅なので、とてもきれいでしたが、
出来れば、築10年のお家の意見も聞いてみたかった気がします。
訪問したお家で吹き抜けリビングを採用されていたので、
前々から気になっていた、吹き抜けの高い窓は、いつ掃除するのか?

聞いてみました。


したことありません。がく〜(落胆した顔)


ひらめきそーか、吹き抜けの窓は掃除しないのかー

これで、家では吹き抜けは無くなりました。

今回の訪問で、へーベルハウスに決めようと結構決め手になったのは
一軒目は、2代目ヘーベリアンで、親が子供に進める。
子も親の家を見て納得してへーベルハウスに決めたことと、
2件目は大工さんで、いろいろな現場を見てきたが、
へーベルハウスさんの現場が一番安心できるのでと、
おっしゃっていたことです。

うちの奥さんも、このツアーでへーベルハウスが良いと思ったようです。

2007年06月20日

バス見学ツアー

調べた結果、へーベルハウスに興味が出てきたので、3日後にバス見学ツアーに参加しました。
ヘーベリアンの方々ならご存知の、躯体見学会&へーベル版耐火実験です。
まず最初に建築中の現場にお邪魔します。私たちが訪れた現場は街角へーベルハウスの現場でした。
街角へーベルハウスとは、展示場にある実際に建てる物と掛け離れた物とは違い、
われわれが建てるであろう実際のサイズで街中に建築し、しばらく展示場として使った後、売却するそうです。
へーベルハウスをご検討の方は、展示場ばかりではなく、街角へーベルハウスも見に行ってみると、
とても参考になると思います。

まず最初に、ざっと説明があり、屋外に張られたテントで「ALCコンクリート・へーベル」
「木造モルタル」の3種類による外壁材の耐火実験です。


各ボードに2づつあるバーナーに点火グッド(上向き矢印)


そして、なんと、そのままほっとかれて、屋内の説明に移ります。

ネオフォームが引かれた椅子に座り、基礎や躯体、鞘管工法などの説明がされます。
子連れで参加したのですが、女性スタッフが、「バス見学ツアー」の間、子守をしてくれるので、
とても助かりました。後で伺ったのですが、いつもは事務職をされているそうです。
一通り説明が終わり、30分位した後に先ほどの屋外のテントに戻ります。

さー、先ほどほったらかしにされた、耐火実験です。


おいおい、ボードが真っ赤になってるぞ、

まずは「サイディング」、ちょっと叩くと割れて、中まで真っ黒に焼けてました。
続いて「モルタル」、マッチを近づけると火が着くぐらい熱くなってます。
当然、中も真っ黒に焼けてました。
そして「へーベル版」、中は全く変わりありません。
触らせてくれたので、触ってみると全然熱くありません。それどころか、「表も触ってみてください」
と言うので、こわごわ触ってみると、あったかい程度で、触っても問題ありませんでした。

耐火性に優れていることは、頭では理解していても、実際に体験すると結構参ってしまいます。

2007年06月12日

へーベルハウスの評判について その4

・へーベルハウスでも虫が食います。

私もへーベルハウスに決めた理由のひとつに、シロアリ問題があります。
シロアリによって家がだめになるのもいやだし、シロアリ駆除剤で体に影響が出るのもいやです。
まして家には幼児が入るので、特にシロアリ駆除剤は避けたかったのです。
だからシロアリに食われない鉄骨にしました。

「へーベルハウスでも虫が食います」
と言う文字を見つけてしまったのです。
えーーーそれじゃ意味ないじゃん。
とさらに調べると、それはキクイムシによる、内部の木部を食われたと言うものでした。

そういえば以前テレビで、輸入家具を買ったら、家具内部にキクイムシがいて、
家をボロボロにされていた映像を見たことがあります。

そしてへーベルハウスでキクイムシによる被害を受けた方のHPでは、
その経過、対応などが書いてありました。

読んだ感想はいろいろあると思いますが、わたしはこれを読んで、へーベルハウスを選んで
よかったと思いました。

2007年06月11日

へーベルハウスの評判について その3

・メンテナンスに費用が掛かりすぎる。
・へーベルハウスが言っている木造家屋の耐久年数にはうそがある。
・へーベルハウスはコストパフォーマンスが悪い。


まず、メンテナンス費用ですが、最初に説明されます。
確かに高いですが、快適な家を維持しようとしたときに掛かる費用では、
木造でも、へーベルハウスでも変わらないように感じました。
実家は木造の2階やですが、10年ぐらいたつと、外壁、屋根などのメンテナンスが必要となります。
やはり、快適に過ごすためには、それなりの費用は必要です。

たしかに、色あせた外壁や屋根を気にしないのなら、雨漏りなど問題が出たときに対応することで、
コストは抑えられそうですが、性格的に耐えられそうもないので、やはり色あせてくれば
塗りなおしを考えると思います。
耐30年塗装に変わったせいもあると思うのですが、そんなに高くは感じませんでした。

住宅寿命26年という話があります。これはうそです。建て替えサイクルが26年が本当です。
私はへーベルハウスさんがそのようなことを言っているということは知りませんが、
欠陥住宅でもない限り、ちゃんとメンテナンスをしていれば、
26年で家がだめになることはないと思っています。
ただし、公的な価値は26年でただになるようです。
ただ、この26年は多くの住宅メーカーが、セールストークに使っているように見受けられます。

コストパフォーマンスは、難しい問題です。
テレビを作っているメーカーにバイデザインというメーカーがあります。このメーカーは
アセンブルメーカーで他社の部品を調達して、それを組み立てて市場に出しています。
部品メーカー同士を競わせることで、価格押さえ、低価格の商品を提供しています。
これは、コンピュータのDELL社などのやり方に近い方式です。
世界に誇るSONYというメーカーがあります。SONYは薄型テレビで出遅れ、2−3年前まで、
他社から液晶などを買い付け、SONYで組み立てて、SONYの名前で販売していました。

バイデザインはコストパフォーマンスに優れています。みなさん、バイデザインを買いますか?

バイデザインを買う人も、ソニーを買う人もいると思います。
それは、コストパフォーマンスと信頼性の天秤なのだと思います。
ただ、コストパフォーマンスは、はっきりと見えますが、信頼性は見えにくいので
難しい問題になるのだと思います。
私は、へーベルハウスの検査体制、クレームの対応などを調べて、対費用効果があると
判断したので、へーベルハウスを選びました。


 

2007年06月10日

へーベルハウスの評判について その2

・ALCコンクリートは水に弱い。
・ALCコンクリートは凍結に弱い。

これについては、弱いと思います。
ALCは発泡コンクリートで気泡、微細孔を含んでいるので、吸水します。
でも、吸水したから溶けるというう物ではないらしいです。
なので、水に弱いのではなく、吸水する事が問題のようです。

凍結でコンクリートが破裂することがあります。
これは、コンクリート内部の水分が凍結、膨張し、破裂するというものです。
これを防ぐ方法として、コンクリート内部に気泡をつくり、
凍結膨張の圧力を逃がす方法が取られるそうです。
ただし、コンクリートはALCほど吸水しないので、この方法で問題がないものと思われます。

ALCは吸水してしまうので、含まれる水分量が格段に多くなります。
これが凍結したときの膨張量も大きくなり、引っ張り強度に弱いコンクリートでは、
破裂する事も考えられます。また、吸水することで、内部の鉄骨が水分にさらされ、
錆が発生し、これにより鉄骨が膨らみ、亀裂が生じることにもなります。

なので、ALCコンクリートは吸水性があり、凍結や錆の問題を含んだ素材であることは確かです。
そこで大切になるのは、防水塗装になってきます。
へーベル版は出荷前に1次塗装を工場で行い、施工中の吸水を防ぐようにしています。
へーベルハウスから私が受けた説明では、最初に家のメンテナンス計画について説明されました。
その中には塗装も含まれていて、費用の概算も出ています。

どの素材も、欠点と長所があるように、ALCコンクリートは防音・耐火において優れているという長所とともに
吸水性、凍結や錆の問題などの欠点があります。

だから、その欠点を補うための塗装であり、家のメンテナンス計画があるのだと思います。
家のメンテナンス計画で、費用も含め説明がないままでしたら問題だと思いますが、
きちんと説明してくださったので、問題はないと思っています。

現在では塗装技術も進み、耐30年塗装が施工されるようになったので、
年間の維持費も少しは下がったみたいです。

あと、凍害に絡めて、へーベルハウスが北日本にないことを上げる人たちがいますが、
へーベルハウスの特徴は耐火・3階建て・防音など、家が隣接する都市部をターゲットとしています。
なので、これらのコンセプトが受け入れやすく、販売のしやすい地域にのみ進出しています。
四国・沖縄・福岡を除く九州地方でも、へーベルハウスはありません。

敷地が広く取れる田舎では、隣家の火事、騒音なども、あまり問題になることもないでしょうから、
へーベル版使うメリットがあまりなくなってきますものね。

それとも「リゾート型住宅 平屋作りのへーベルハウス Flat」とかいって、進出するでしょうか?

2007年06月08日

へーベルハウスの評判について その1

これから書くことは、私が調べた範囲内で、個人的に感じた意見です。
私は実際にへーベルハウスを選んだのですから、当然へーベルハウスに
傾倒した意見になることをご容赦ください。

・へーベルハウスは寒い。
他社との温度実験のデータは捜すことができませんでした。
ただ、寒い、暑いは主観的な部分が多いので自分に当てはまるかは微妙です。

私の考えではこうなります。
マンション > 最近の住宅 > 10年以上前の住宅

私も今、マンションに住んでいますが、ものすごく暖かいです。
これは四方を暖めた空気層で囲んでいるわけですから当然です。
私の実家も、奥さんの実家も10年以上前の一戸建てです。
なので、結構寒いです。

マンションからへーベルハウスに引っ越される方は、寒いと思います。

アパートから、または古い家をへーベルハウスで建て替える方は、
暖かく感じると思います。

また、新築時は非常に湿気を含んでいますので、初年度の冬が
寒いのは、どんな家を建てた場合も同じです。

寒くなると予想される方は、2階リビングなどはどうでしょうか?
通常、一軒家の場合、2階のほうが暖かいです。
(私は1階リビングにしましたがふらふら

あと、よく言われることで、次世代省エネ基準の問題があります。
へーベルハウスは標準では次世代省エネ基準をクリアしていません
オプションで次世代省エネ基準をクリアすることは可能です。
次世代省エネ基準をクリアすることに越したことはありません。
もしかすると近い将来、次世代省エネ基準を標準とするかもしれません。
しかし、それで価格が上がるならいらないです。
企業努力で、価格を上げずにクリア出来るなら、「クリアしなくても良いので
安くなる」と言うオプションを設定してください。

そうです。私にとって次世代省エネ基準をクリアすることは、
とっても優先順位が低いのです。

ブラックでコーヒーを飲む私にとって、コーヒーに付いてくるミルクくらい
価値のないものです。たしかに必要な人も入るでしょうが、私には必要ありません。
(わかりにくいたとえで、すみません)

だから、そんなことに企業努力するなら。
フォールディングウィンドウをもっと安くしてください。


フォールディングウィンドウの6枚扉にもシャッター付くようにしてください。


シャッターつけても低くならないようにしてください。


ガラスブロックをオプションに入れてください。


使いもしない熱交換式換気を入れなくても使える、簡易防音ドアを採用してください。

すみません。今の不満がつい出てしまいました。

あっ、次世代省エネ基準が優先順位が低い理由ですが、家では24時間、人が居る限り
風呂の窓は開けっ放しになるでしょう。クーラーも我慢の限界が来るまで、窓を開けることで
対応しようとするでしょう。
そんな家では、次世代省エネ基準の意味がないのです。

なので、省エネで言うなら、ペアガラスの空気層を12mmに上げるほうが魅力を感じますがどうでしょう?

2007年06月07日

へーベルハウスの評判

Hebel-3R.PNG

仕事から帰ると、早速へーベルハウスより
土地の情報が何点か着ていました。

うーん。どれもインターネットで出ている物件で、
条件に合いません。

ところで私は、あくまでも、建築家と建てる家のつもりでいましたので、
本当にこのまま、へーベルハウスを候補にしていいのか、
ちょっとインターネットで調べることにしました。

いやー、賛否両論。
いっぱい出てきます。
さすがに家を建てることなので、皆、真剣です。

そして、すべてに共通することは、一つでした。
高い
あー、やっぱり

否定派の意見
・へーベルハウスは寒い。
・ALCコンクリートは水に弱い。
・ALCコンクリートは凍結に弱い。
・メンテナンスに費用が掛かりすぎる。
・へーベルハウスが言っている木造家屋の耐久年数にはうそがある。
・へーベルハウスはコストパフォーマンスが悪い。
・へーベルハウスでも虫が食います。


うーん、気になるので調べて見ましょう。

2007年06月06日

へーベルハウスVS一条工務店

Hebel2.PNG

「はいどうぞ。」わーい(嬉しい顔)
営業の方が迎えてくれました。

おー、始めてみた展示場の家。すごく広くて、かっこいいです。


のちに、特注、オプションのオンパレードとわかりましたが、そのころに知る由もありません。

そして、へーベルさんの説明が始まりました。
基礎・構造など、家作りで私達が最も重要と考えている部分です。

一通り説明を聞いて、判ったのは、自分の売っている商品に自信を持っており、
どうすれば、判りやすく伝えられるかが基本となっているように感じました。

そして、土地もないので土地後と探さなければならない事情を話したところ、
土地探しも、お手伝いできるかもしれませんとの事。
簡単な質疑から、大体の必要な坪数と予算。
予算に対する、返済計画なども教えていただけました。
最後に3日後にバス見学ツアーがあるので、よろしければ参加してみませんか
とのお誘いがありました。
とりあえず奥さんとも話したかったので、後日連絡することにして、次へ


次は、向かいに立っていた、一条工務店です。

木造の個人住宅向け、免震技術などを持っているので、興味がありましたが、
それよりもモデルハウスの前で配っていたキティちゃん黒ハートの風船を
娘が見つけてしまったのが、大きかったです。

「ごめんください。見せてもらってもよろしいでしょうか?」

「はいどうぞ。」
かなり若い営業の方が迎えてくれました。

先ほどと同じように、家の中をぐるぐると見て回ります。
2階に行くと基礎などの展示があったので、先ほどと同じように構造などの説明を
してくれるのかと思っていましたが、何もしてくれません。
そして設備などを見ていると、「標準で出来ます」と答えてきます。
その当時は、それがどういう意味かもわからず、
なぜ、この営業はアピールしないのだろうと思っていました。


今ならわかります。

彼はオプションではなく、特注でもなく、こんなキッチンも選べます。
ここに展示しているどれを選んでも坪単価は上がりません。

こう言いたかったのです。
そんなことも分かっていなかった私たちは???です。
痺れを切らした奥さんが「お宅の売りは何ですか?」と聞きます。
・・・答えられない営業くん。ふらふら

そうです。彼はさっきから、売りである「標準で出来ます」と
ずーといっているので、そう聞かれても困ってしまうわけです。

しょうがないので、展示してあるシロアリ対策、間違った施工方法
などの展示物について、質問してみます。

うーんもうやだ〜(悲しい顔)、いくら聞いても、ここで家を建てたいという気にはなれません。


聞けば、聞くほど、へーベルハウスの方が良いように思えてきます。

かなり若い営業の方だったので、まったく分かっていない客と経験不足の
相乗効果でこのように感じたのでしょう。


実際、テレビの特集で免震技術などを紹介しているときには、
すばらしいと思い、家を建ってるときの候補として入っていたのですから。


帰り際にすれ違った、ほかのお客様を接待なさっていた、ベテランそうな
営業の方は、まったく違った営業をしているみたいでした。

一条工務店のおかげで、へーベルハウス 30%増しになりました。

他社も回りたかったのですが、そろそろ娘が限界になりましたので、
今日はこの辺で帰ることにします。

2007年06月05日

寄り道

展示場1−1.PNG縁がないので、土地が手に入りませんでした。orz
しばらくたったある日、近所のショッピングモールへ出かけることになりました。
・・・・駐車場が、ものすごい渋滞ふらふら
ひらめきそうだ、新築という話も出てたので、となりの住宅展示場へ行ってみよう!
で、家族で始めての展示場わーい(嬉しい顔)
るんるんどこから回ろう?
その時点では、建築家と家を建てようと思っていましたので、どこがいいか判らないし、
第一、展示場へ見に行く予定など、これっぽちもなかったので、さっぱり?です。
 
とりあえず、よさげなところとして、
私=へーベルハウス・一条工務店 奥さん=積水ハウス
 
一番手前で目立っていた「へーベルハウス」へ訪問。

なかなか良い評判を聞いていたので、興味心身。

「ごめんください。見せてもらってもよろしいでしょうか?」
 
 
ここから、へーベルハウスの快進撃が始まった。