2007年05月28日

越前屋登場?

母がやっと到着。
海外からのスーツケースそのままで来てくれた。
その日は、もう遅かったので、そのまま飲み会ビール

翌日、事前に担当へ連絡しておいたので、現地へ見に行く。
とりあえず土地的には母もOK、ただ、中古リフォームするなら、
新築にしなさいとの話。

資金の話もあるので、とりあえず土地だけを押さえてから考えようという話になり、
不動産屋へ行くこととする。

担当は海外旅行で不在ふらふら
とりあえず、気に入った旨を話、話を先に進めようとすると、

なぜか値上がりしている。

担当から、値上がりの話は聞いていない。
担当と話したくても、海外で連絡が付かない。

こちらの事情は話しており、わざわざ親を呼んで買う気を見せたとたんの値上げである。
とても納得できるものではないちっ(怒った顔)
とりあえず、金額が違うとのことを話し、担当の帰りを待つことに・・・


この時点で頭の中に「悪徳不動産」の文字がよぎる。
どうも私の中で不動産業のイメージが悪い。
本当に、単なる偏見なのではあるが、不動産屋=越前屋みたいな
イメージがある。
まーこういったイメージはいっぱいある。

・公務員=親方日の丸
・アメリカ=ジャイアン

実際に話して、イメージどおりだった試しはほとんどないのだが・・・
はたして、今度はどうだろうか、単なる連絡ミスとかならいいのだが


posted by kid at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロローグ